コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基幹税 キカンゼイ

1件 の用語解説(基幹税の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きかん‐ぜい【基幹税】

税収に占める割合が高い税目。所得税法人税消費税など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の基幹税の言及

【租税】より

…しかし財産税なり消費税があれば,そのような所得も貯蓄されるか消費されるときに課税され,単税制度の欠陥を矯正することができる。さらに(4)基幹税と補完税という分類もある。複税制度としての租税体系をつくるとき,その中心となるべき租税が基幹税であり,その足りないところを補完する形で税制を支える租税が補完税である。…

※「基幹税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基幹税の関連情報