コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基本合意書 きほんごういしょ

2件 の用語解説(基本合意書の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

基本合意書

売り手と買い手の当事者間で契約締結の意思があることを取り交わす契約書のこと。この時点で売り手が他の買収希望会社との交渉を禁じる目的もあります。一方的に契約を破棄すると損害賠償などペナルティを払わなければならない場合もあります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

M&A用語集の解説

基本合意書

売り手と買い手の当事者間で契約締結の意思があることを取り交わす契約書。この時点で売り手が他の買収希望会社との交渉を禁じる目的もある。一方的な契約破棄を行うと損害賠償などペナルティを払わねばならない場合もある。LOIともいう。

出典|株式会社ストライク
Copyright(c) Strike Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

基本合意書の関連キーワード情報の非対称性相対売買直取引値ができる値幅売手三方良し相対取引(あいたいとりひき)エスクロー・サービス優先交渉権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基本合意書の関連情報