コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基準地震動 キジュンジシンドウ

2件 の用語解説(基準地震動の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きじゅん‐じしんどう〔‐ヂシンドウ〕【基準地震動】

原子力発電所の耐震設計において基準とする地震動地質構造的見地から、施設周辺において発生する可能性がある最大の地震の揺れの強さのこと。単位はガル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

基準地震動

原発の設計の前提となる地震の揺れで、原発ごとに異なる。周辺の活断層などで起こりうる大地震を想定して、地盤の状態を加味し、原発直下の最大の揺れを見積もる。これをもとに原子炉、建屋、配管などの構造や強度を決める。単位はガルで、1ガルは1秒ごとに1センチずつ加速すること。地球上で物が落ちる時の加速度(重力加速度)は980ガルで1Gともいう。

(2011-06-14 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

基準地震動の関連情報