コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基礎的存在論 きそてきそんざいろんFundamentalontologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基礎的存在論
きそてきそんざいろん
Fundamentalontologie

存在一般への問いには人間存在への問いが先行しなければならない。この問いをになう存在論ハイデガーは「基礎的存在論」と呼ぶ。この人間的現存在の形而上学の究極の出発点は抽象的問題設定ではなく,「人間とは何か」という具体的な問いである。それは存在論の基礎づけであることによって哲学的人間学から区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の基礎的存在論の言及

【存在論】より

…同時に,従来は客体と対象との側面から,すなわち自然,神,動物,機械との差異においてのみ認識されてきた〈人間存在〉を,真に〈人間存在〉として根本に据え,人間存在に基づく存在論を建設しようとしたのは,実存哲学であり,哲学的人間学であった。 ハイデッガーは人間を〈現存在Dasein〉と呼び,現存在の存在・存在意味を〈関心〉〈時間性〉とし,現存在の分析論を〈基礎的存在論Fundamentalontologie〉と呼び,人間以外の存在者に関する諸存在論の基礎を与えるものとした。彼は基礎的存在論を〈現存在の形而上学〉の第1段階とし,人間の存在を通路とする基礎的形而上学を構想した。…

※「基礎的存在論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

基礎的存在論の関連キーワードハイデッガー哲学の基本概念マルティーン ハイデッガーハイデッガー実存範疇関心理解

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android