コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人間学 にんげんがく anthropology

翻訳|anthropology

5件 の用語解説(人間学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

人間学
にんげんがく
anthropology

人間に関する学という意味では,自然科学的,歴史学的,社会学的な側面からなされる人間研究を包括するが,一般には人間の本性や,人間と世界との関係などを哲学的に研究する一分野。「哲学的人間学」ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんげん‐がく【人間学】

人間の本質を哲学的に研究する学問。神や宇宙に対する人間の関係あるいは身体や精神の在り方など、人間に関する考察は古くからなされてきたが、人間学という概念は近世になってからできたもので、哲学の基礎学としての性格が強い。→人類学

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にんげんがく【人間学 anthropology】

ギリシア語のanthrōpos(人間)とlogos(言葉,理論,学)とに由来する16世紀のラテン語anthropologium,anthropologiaにさかのぼる用語で,〈人間の学〉を意味する。訳語の歴史は複雑で,1870年(明治3)西周(にしあまね)による〈人身学〉〈人学〉〈人道〉〈人性学〉の試みのあと,81年の《哲学字彙(じい)》は人と人類を訳し分け,anthropologyを〈人類学〉と訳し,84年の東京人類学会創立以来,明治・大正期には,もっぱら獣類・畜類と区別された人類の自然的特質の経験科学すなわち〈自然人類学〉の意味で使用され,人類の文化的特質に関する〈文化人類学〉としての使用は昭和期のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にんげんがく【人間学】

〘哲〙 人間の心身の本質を論究する哲学的考察。宇宙における人間の位置、人間の身体や気質、魂や精神などの在り方を研究し、古来哲学の一部門をなす。これと区別される現代の科学的人間学は人類学と呼ばれる。アントロポロギー。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人間学
にんげんがく
anthropology英語
Anthropologieドイツ語
anthropologieフランス語

日本語の人間学は、日本語の人類学とともに、本来、「アントロポロギー」の訳語である。
 アントロポロギーは、初め生物学的な自然人類学であったが、のちに文化人類学が自然人類学と並ぶ人類学の一分野とされ、そこには、考古学、民族学、民俗学と並んで、社会人類学、心理学的人類学、さらには教育学的人類学まで含まれるようになってきた。他方、哲学において人間を研究するアントロポロギーは、「人間学」と訳され、これは哲学史とともにつねに存在してきたが、とりわけ近世のカント以来、人間学的傾向が強くなり、20世紀初めにシェラー、プレスナーによって哲学的人間学が提唱されてのち、実存哲学における人間中心的傾向と相まって、従来の文化人類学から展開してきた心理学的・社会学的・教育学的人類学も、心理学的人間学、社会学的人間学、教育学的人間学という訳語があてられることも、今日しばしば見受けられるようになっている。
 たとえば、ガダマーとフォーグラーの共編になる『Neue Anthropologie』(1972~75)は、アントロポロギーの従来の訳語に従えば、生物学的人類学、文化人類学、社会人類学、心理学的人類学、哲学的人間学という六編を含むものであるが、これが近年、『講座現代の人間学』という題名の下に訳出されているなどは、その一例である。しかし「人間学」の語は本来、「哲学的人間学」を意味してきたし、現在もその方向が中心的であるといえる。[清水窕子]
『ガダマー、フォーグラー編、前田嘉明他訳『講座 現代の人間学』全七巻(1979・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人間学の関連キーワード自然人類学人智学狼男ギリシア喜劇テオリア《ギリシア語真宝》《ギリシア語問答》近代ギリシア語コイネー・ギリシア語古典ギリシア語

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

人間学の関連情報