堀木 フミ子(読み)ホリキ フミコ

20世紀日本人名事典の解説

堀木 フミ子
ホリキ フミコ

昭和期のマッサージ師 堀木訴訟原告。



生年
大正8(1919)年

没年
昭和61(1986)年1月16日

出生地
鹿児島県十島村

経歴
母子家庭に育ち、3歳で失明。13歳のとき母をなくし、神戸市に出てマッサージ師に。その後結婚したが、夫が家出して二人の子供が手元に残された。昭和45年7月障害者年金と児童扶養手当の併給が禁止されていることを知り、これは憲法の「法の下の平等」に違反するとして提訴。一審では勝訴したが二審で敗訴。57年7月の最高裁でも敗訴が確定したが、のち法が改正され、併給ができるようになるなど、国の福祉行政に大きな影響を与えた。62年、支援者らがその闘いの足跡を記録に残したいと、6年がかりでまとめた「堀木訴訟運動史」が出版された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

堀木 フミ子の関連情報