手元(読み)テモト

デジタル大辞泉「手元」の解説

て‐もと【手元/手許】

手の届くあたり。手近。自分のそば。「辞書を—に置く」
道具などの、手で握るところ。握り。「くわの—」
手の動かし方。手の動き。また、手並み。「—が狂う」
生計をたてるための金。また、暮らし向き。「—不如意
「紀の国屋伊兵衛はどの位—が苦しかったか」〈芥川・雛〉
女房詞から》はし。→御手元おてもと
手元金」の略。
腕前技量
「為朝が—はおぼゆるものを」〈古活字本保元・中〉
[類語](1手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先近く近辺付近わきはた足元手近卑近身辺かたわ片方かたえ間近近傍近所最寄り座右左右手回り身の回り/(4経済やりくり収支家計内証台所勝手向き

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android