手元/手許(読み)テモト

デジタル大辞泉の解説

て‐もと【手元/手許】

手の届くあたり。手近。自分のそば。「辞書を―に置く」
道具などの、手で握るところ。握り。「鍬(くわ)の―」
手の動かし方。手の動き。また、手並み。「―が狂う」
生計をたてるための金。また、暮らし向き。「―不如意」
「紀の国屋伊兵衛はどの位―が苦しかったか」〈芥川・雛〉
女房詞から》箸(はし)。→御手元(おてもと)
手元金」の略。
腕前。技量。
「為朝が―はおぼゆるものを」〈古活字本保元・中〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android