コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅き氷は霜を履むより至る カタキコオリハシモヲフムヨリイタル

2件 の用語解説(堅き氷は霜を履むより至るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

堅(かた)き氷は霜を履(ふ)むより至る

《「易経」坤卦から》霜を踏む時節が来ると、やがて堅い氷の張る冬が来るの意から、何事もその兆候を見たら早く準備せよというたとえ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたきこおりはしもをふむよりいたる【堅き氷は霜を履むより至る】

〔「易経坤卦」による。秋になって霜を踏むようになればやがて堅い氷の張る冬が来るの意〕
事の前兆が現れたらすぐにそれに備えよというたとえ。
小さな災いが原因で、大きな災いが起きることがあるというたとえ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone