堅き氷は霜を履むより至る(読み)カタキコオリハシモヲフムヨリイタル

大辞林 第三版の解説

かたきこおりはしもをふむよりいたる【堅き氷は霜を履むより至る】

〔「易経坤卦」による。秋になって霜を踏むようになればやがて堅い氷の張る冬が来るの意〕
事の前兆が現れたらすぐにそれに備えよというたとえ。
小さな災いが原因で、大きな災いが起きることがあるというたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android