時節(読み)じせつ

精選版 日本国語大辞典「時節」の解説

じ‐せつ【時節】

〘名〙
① 一年のうちで、移り変わってゆく天候や風景などによって感じられるその折の季節。時候。
※懐風藻(751)七夕〈吉智首〉「冉冉逝不留、時節忽驚秋」
※桐の花(1913)〈北原白秋〉昼の思「なつかしい紫のヂキタリスと苦い珈琲の時節」 〔裴説‐春早寄花下同人詩〕
② 時間。時期。
※平家(13C前)一一「義経身体髪膚を父母にうけて、いくばくの時節をへず故守殿御他界の間」
※天草本伊曾保(1593)雞と下女の事「ニワトリガ ナケレバ、jixetuo(ジセツヲ) ハカルコトガ カナワイデ」
③ ある状態になる時。物事を行なう時機。また、そうするのにふさわしい機会。折(おり)
※興福寺牒状‐建久九年(1198)一一月一日・興福寺牒状「不時節譏嫌由事」
※謡曲・羅生門(1516頃)「時節を待ちて、また取るべしと、呼ばはる声も、幽かに聞こゆる」
④ その時代その時代の世間の状態や世人の考え方。時世
※愚管抄(1220)五「かう程にみだれん世は何事もいはれたる事はあるまじき時節なるべし」
※談義本・根無草(1763‐69)前「かかる時節に忠義を尽さずんば、いつの世にかは御恩を報じ奉んや」 〔国語‐晉語八〕
⑤ 各務支考(かがみしこう)の連句付合論に説く七名八体の付方の内、八体の一つ。春夏秋冬の季節や節句、正月などの行事をもって前句に付けること。
※浄瑠璃・金時都いり(1664)四「まづ只今は此ほうよりつかひをもって申べき所に、さうそくじせつにあづかるだん」

とき‐せち【時節】

※忠見集(960頃)「ときせちは須磨にもかはらねば都に秋の風や吹くらん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「時節」の解説

じ‐せつ【時節】

自然の移り変わりによって感じられる時分。季節。「散策に適した時節
その時の世の中の情勢。時勢。「時節をわきまえよ」
何かをするのによい時機。機会。「時節を待つ」「時節到来」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android