コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堪久 たんく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堪久 たんく

たんきゅう

堪久 たんきゅう

?-? 平安時代前期の僧。
桓武(かんむ)天皇の皇子といわれる。華厳(けごん)宗。東大寺の良恵(りょうえ)にまなぶ。延暦(えんりゃく)14年(795)同寺別当となった。「かんきゅう」「たんく」ともよむ。

堪久 かんきゅう

たんきゅう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android