華厳(読み)ケゴン

デジタル大辞泉の解説

け‐ごん【華厳】

《仏になる修行を華にたとえ、その華で仏の位を飾る意》仏語。多くの修行・功徳(くどく)を積んで徳果が円満にそなわり、仏になること。
華厳経」の
華厳宗」の略。
[補説]書名別項。→華厳

けごん【華厳】[書名]

川端茅舎の第二句集。昭和14年(1939)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

華厳の関連情報