華厳(読み)ケゴン

デジタル大辞泉の解説

け‐ごん【華厳】

《仏になる修行を華にたとえ、その華で仏の位を飾る意》仏語。多くの修行・功徳(くどく)を積んで徳果が円満にそなわり、仏になること。
華厳経」の
華厳宗」の略。
[補説]書名別項。→華厳

けごん【華厳】[書名]

川端茅舎の第二句集。昭和14年(1939)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

華厳の関連情報