コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報償費 ホウショウヒ

デジタル大辞泉の解説

ほうしょう‐ひ〔ホウシヤウ‐〕【報償費】

地方公共団体などの会計処理で使用される勘定科目の一つ。報償金・謝礼金・褒賞金・報奨金・賞賜金・買上金・賞金、および記念品等の物品購入代金の支払いなどを計上するために使用される。
内閣官房報償費官房機密費)・外務省報償費外交機密費)・捜査報償費などのこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

報償費の関連情報