官房機密費(読み)かんぼうきみつひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

官房機密費
かんぼうきみつひ

正式には内閣官房報償費のことで,政府答弁によれば,「国が国の事務または事業を円滑かつ効果的に遂行するため,当面の任務と状況に応じ,その都度の判断で最も適当と認められる方法により機動的に使用する経費」とされる。内閣官房長官室の大金庫にあり,内閣官房長官の判断で支払われ国費でありながらその使途は明らかにされていないが,海外出張議員への餞別,外国からの賓客への贈答品,接待のほか,国会運営を「円滑」にするための国会対策 (野党対策) 費として主に使われている,といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

官房機密費

予算上は「情報収集及び分析その他の調査に必要な経費」に分類される。官房長官の裁量で自由に使えるとされ、使途は公表されない。年間予算はここ何年も十数億円で推移し、09年度は14億6165万円だ。機密費が議員の政治資金パーティー券購入や選挙資金に充てられた場合、政治資金や選挙運動費用の収支報告書に報告する義務が生じる。政治資金規正法公職選挙法に抵触する可能性があるが、これまで官邸から受領したとの記載が確認された例はない。

(2009-11-12 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

カメラを止めるな!

日本のインディーズ映画。海外版タイトルは「ONE CUT OF THE DEAD」。ゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊と、その製作の裏側を、異色の構成と緻密な脚本で描く。監督・脚本は上田慎一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

官房機密費の関連情報