コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内閣官房報償費 ナイカクカンボウホウショウヒ

デジタル大辞泉の解説

ないかくかんぼう‐ほうしょうひ〔ナイカククワンバウホウシヤウヒ〕【内閣官房報償費】

内閣官房長官が管理し、国の事業を円滑に遂行するために使用するとされる経費。使途は公表されない。官房機密費
[補説]政府の答弁書には、国の事務または事業を円滑かつ効果的に遂行するため、当面の任務と状況に応じその都度の判断で最も適当と認められる方法により機動的に使用する経費と記載される。平成13年(2001)、外務省報償費(外交機密費)の一部が内閣官房報償費に流用されているとの疑惑が表面化。当時の自由民主党政権は否定したが、平成22年(2010)、民主党政権下で流用の事実が明らかにされた。外務省は、流用された外務省報償費について「官邸の外交用務に使用された」と説明している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

内閣官房報償費の関連キーワード答弁書補説

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内閣官房報償費の関連情報