コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外務省報償費 ガイムショウホウショウヒ

1件 の用語解説(外務省報償費の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がいむしょう‐ほうしょうひ〔グワイムシヤウホウシヤウヒ〕【外務省報償費】

外務省外交政策を円滑に遂行するために必要に応じて支出する経費。情報提供者への謝礼などに使われるとされる。使途は公表されない。外交機密費
[補説]平成13年(2001)、外務省員が多額の報償費を私的流用した事件が発覚。併せて、外務省報償費の一部が内閣官房報償費に転用されている疑惑が浮上した。当時の自由民主党政権は否定したが、平成22年(2010)、民主党政権下で流用の事実が明らかにされた。外務省は、流用された外務省報償費について「官邸の外交用務に使用された」と説明している。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone