コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塑壁 そへきsu-bi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塑壁
そへき
su-bi

中国において,粘土で壁面に仏像や殿堂,山林などを浮彫風に造り,彩色を施したものをいう。六朝時代に始ったもので,盛唐時代の楊恵之の作品や,江蘇省蘇州城外の保聖寺の塑壁彫刻が有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

塑壁の関連キーワード楊惠之塑像

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android