殿堂(読み)デンドウ

デジタル大辞泉の解説

でん‐どう〔‐ダウ〕【殿堂】

大きくてりっぱな建物。また、その分野の中心的存在である建物や施設。殿宇。「オペラの殿堂」「学問の殿堂
その分野で業績のあった人々を集め顕彰する機関。「野球の殿堂入りを果たす」
神仏を祭ってある建物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんどう【殿堂】

大きくて立派な建物。 「白亜の-」
神仏をまつってある建物。
ある分野の中心となるような建物・場所。 「音楽の-」 「学問の-」
ある分野において、功績のあった人を記念するための施設・博物館。ホール-オブ-フェーム。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殿堂の関連情報