殿堂(読み)でんどう

精選版 日本国語大辞典「殿堂」の解説

でん‐どう ‥ダウ【殿堂】

〘名〙
① 広大で立派な建物。また、ある分野の中枢となる建物・施設。殿宇堂宇
※東海一漚別集(1375頃)清滝律寺開山「美兮麗兮殿堂、明兮豁兮軒牕」
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「橋を架し川を堀り道路を修理し殿堂を建立し府内の壮麗又昔日のパリスに非らず」 〔晉書‐荀菘伝〕
神仏などをまつってある建物。
※正法眼蔵(1231‐53)行持上「殿堂を掃灑する行持あり」
随筆・胆大小心録(1808)一五八「東大寺の毘盧舎那仏、五丈余の大像をつくりて、殿堂は雲につき入るばかりなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「殿堂」の解説

でん‐どう〔‐ダウ〕【殿堂】

大きくてりっぱな建物。また、その分野の中心的存在である建物や施設。殿宇。「オペラ殿堂」「学問殿堂
その分野で業績のあった人々を集め顕彰する機関。「野球殿堂入りを果たす」
神仏を祭ってある建物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スクランブル放送

映像や音声の信号を暗号化(スクランブル)して送り出される放送。スクランブル方式やスクランブルシステム、スクランブルなどともいう。テレビ放送用のデータを一定の規則に基づいた鍵(かぎ)によって暗号化するこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android