コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塘潘山 つつみ はんざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塘潘山 つつみ-はんざん

?-? 江戸時代中期の狂歌師,俳人。
大坂の紀海音(きの-かいおん)の娘婿寛保(かんぽう)2年(1742)刊の海音の追善狂歌集「狂歌時雨(しぐれ)の橋」,十三回忌追善の俳諧(はいかい)集「しぐれの碑」などを編集した。狂号は模稜舎百子(もりょうしゃ-ひゃくし)など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

塘潘山の関連キーワード狂歌師俳人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android