コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀海音 きの かいおん

9件 の用語解説(紀海音の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

紀海音

大阪の浄瑠璃作家。父は俳諧師貞因。和歌を契冲に、狂歌を兄貞柳に学ぶ。竹本座の近松門左衛門には対峠し豊竹座のために浄瑠璃を執筆した。代表作に「八百屋お七」「椀久末松山」等がある。初め黄檗悦山に従い僧となり高節と称した。御医家となる。契冲に和学を学ぶ。法橋に叙せられる。本名榎並契因、島路観、貞峨と号す。寛保2年(1742)歿、80才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐かいおん【紀海音】

[1663~1742]江戸中期の浄瑠璃作者。大坂の人。通称、榎並(えなみ)喜右衛門。豊竹(とよたけ)座座付作者として竹本座近松門左衛門に対抗。作「椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)」「お染久松袂(たもと)の白しぼり」「八百屋お七」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紀海音【きのかいおん】

江戸中期の浄瑠璃作者。通称喜右衛門,のち善八。家は大阪御堂前の菓子司。兄は油煙斎貞柳。黄檗山に入ったが,のち還俗。医を業とした。近松門左衛門竹本座に対し,豊竹座の座付作者となる。
→関連項目永田貞柳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀海音 きの-かいおん

1663-1742 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,狂歌師。
寛文3年生まれ。父は俳人榎並(えなみ)貞因,兄は狂歌師永田貞柳。少年期に出家し,のち還俗(げんぞく)。宝永4年大坂豊竹座の座付作者となる。理知的な作風で竹本座の近松門左衛門に対抗した。晩年はもっぱら俳諧や狂歌にいそしんだ。寛保(かんぽう)2年10月4日死去。80歳。本姓は榎並。別号に貞峨。作品に「椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)」「八百屋お七」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

紀海音

没年:寛保2.10.4(1742.10.31)
生年:寛文3(1663)
江戸前・中期の浄瑠璃作者,俳人,狂歌師。本名榎並喜右衛門,のちに善八。号貞峨,契因など。大坂の菓子商鯛屋の次男として出生。老舗の当主である父は貞門の俳諧をたしなんで貞因と号し,兄は狂歌師の油煙斎貞柳 ,叔父に俳人で狂歌師の貞富がいるという文学的環境に恵まれるが,少年時に出家,約20年間禅僧として修行したのち,宝永初年ごろには還俗して医師となり,和歌を契沖に学ぶほか,俳諧を楽しんだりもしながら遊里や芝居に出入りするうちに,浄瑠璃の執筆にも手を染めるようになったと推測されている。45歳の宝永4(1707)年暮れ,道頓堀に再興された豊竹座の座付作者に抱えられ,以後「八百屋お七」「心中二つ腹帯」「傾城無間鐘 」など,30編余の時代物,10編の世話物を作って竹本座の近松門左衛門に対抗した。その作風は,「義理」に基づく人物たちの理詰めな言動を複雑な筋立ての中に展開させてゆくもので,生硬で抒情味に乏しいとの印象は否定し難いが,その理知的な構成力により次代の作者たちに大きな影響を与えた。享保8(1723)年に61歳で豊竹座を引退,74歳で医師として法橋位に叙せられた。交友関係も広く,和歌,俳諧,狂歌に遊ぶ晩年だったという。<著作>『紀海音全集』全8巻<参考文献>国立劇場芸能調査室編『浄瑠璃作品要説(2) 紀海音篇』,横山正『近世演劇論叢』,祐田善雄『浄瑠璃史論考』

(原道生)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きのかいおん【紀海音】

1663‐1742(寛文3‐寛保2)
生年の1663年は《貞柳伝》説による。《海音貞峨居士伝》説では1665年(寛文5)生れ。江戸時代中期の浄瑠璃作者,俳諧師。本名は榎並喜右衛門,のち善八。号は紀海音,大黒屋海音,鯛屋海音,貞峨,契因,昌因,白鷗堂,鳥路観。法名は清潮院海音日法。大坂御堂前雛屋町西南角の菓子商鯛屋善右衛門の次男に生まれる。父は貞門の俳人貞因,兄(異母兄弟説がある)は狂歌師油煙斎貞柳,叔父(貞因の弟)は俳人・狂歌師貞富という文学環境に育つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きのかいおん【紀海音】

1663~1742) 江戸中期の浄瑠璃作者。大坂の人。姓は榎並。通称、鯛屋善八。豊竹座の座付作者。義理をもっぱらとする理知的な作風で、竹本座の近松門左衛門に対抗。代表作「椀久末松山わんきゆうすえのまつやま」「袂たもとの白しぼり」「八百屋お七」「傾城無間鐘けいせいむけんのかね」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀海音
きのかいおん

[生]寛文3(1663)
[没]寛保2(1742).10.4.
江戸時代前期の浄瑠璃作者,俳人,狂歌作者。本名榎並 (えなみ) 喜右衛門,のち善八。別号貞峨,契因など。大坂の菓子屋鯛屋善右衛門の次男。父は貞門の俳人貞因,兄は狂歌師油煙斎貞柳。黄檗 (おうばく) 宗の僧となったが 40歳頃還俗,豊竹座の座付作者となり,竹本座の近松門左衛門と相対し,享保8 (1723) 年までに世話物 10編,時代物約 40編を書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀海音
きのかいおん
(1663―1742)

浄瑠璃(じょうるり)作者、俳諧師(はいかいし)。大坂の老舗(しにせ)の菓子屋鯛屋(たいや)の次男に生まれる。通称喜右衛門。父は貞因(ていいん)と号し貞門の俳人、兄は狂歌師油煙斎貞柳として、ともに名を知られた。若いころ出家したが、父の死後還俗(げんぞく)して医者となり、また俳諧師として活躍。やがて豊竹(とよたけ)座から迎えられて紀海音の名で浄瑠璃を書き、竹本座の近松門左衛門と対抗、操(あやつり)界を二分する働きをみせた。その最初の作は1708年(宝永5)の世話物『椀久末松山(わんきゅうすえのまつやま)』で、その後の20年間に、時代物に『鎌倉三代記』『鬼鹿毛無佐志鐙(おにかげむさしあぶみ)』『傾城無間鐘(けいせいむけんのかね)』、世話物に『傾城三度笠(さんどがさ)』『心中二つ腹帯』『お染久松袂(たもと)の白(しら)しぼり』『八百屋お七』など50編余りを書いた。海音の作は、近松のそれが人間愛を重んじ、文学的にも優れているのに比べ、義理をもっぱらとする理知的な作風で、情味に乏しいという嫌いがあった。しかし戯曲構成の技巧に優れ、後世の並木宗輔(そうすけ)、近松半二(はんじ)らに近松以上に大きい影響を与えた。[山本二郎]
『『日本古典文学大系51 浄瑠璃集 上』(1960・岩波書店) ▽『日本古典文学全集45 浄瑠璃集』(1971・小学館) ▽海音研究会編『紀海音全集』全8巻(1977~80・清文堂出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紀海音の言及

【鎌倉三代記】より

…5段。紀海音作。1716年(正徳6)1月推定,大坂豊竹座初演。…

【浄瑠璃】より

…98年(元禄11)筑後掾受領,1705年(宝永2)11月の《用明天王職人鑑》以後,竹田出雲(座本),近松門左衛門(作者),辰松八郎兵衛(人形),竹沢権右衛門(三味線)を擁し活躍した。その没後は竹本政太夫(《吉備津彦神社史料》《熊野年代記》に筑後掾悴義太夫の名があり,政太夫は2世義太夫とされてきたが3世か)が近松作品を深く語り分け,豊竹座の若太夫(豊竹若太夫,越前少掾)も紀海音の義理にからむ作風を巧みに観客の時代感覚に訴えて,西風(竹本),東風(豊竹)が競演し,浄瑠璃の近世意識が最高に発揮された。 享保(1716‐36)後半からの人形機巧の発達,舞台装置の発達は浄瑠璃の脚本化,舞台装置の歌舞伎化を招く。…

【心中物】より

…浄瑠璃では,元禄年代の末に上(揚)巻助六の情死を扱った《千日寺心中》などの作品が生まれていたが,1703年に近松門左衛門の世話浄瑠璃の初作《曾根崎心中》が上演されると,浄瑠璃だけではなく,歌舞伎でも歌謡でも空前の心中物ブームが訪れた。近松自身も《心中二枚絵草紙》《卯月紅葉》《心中重井筒(かさねいづつ)》《心中万年草》とたてつづけに心中物の秀作を発表,ライバル関係にあった紀海音も《難波橋心中》《梅田心中》《心中二ツ腹帯》などの作を発表した。歌舞伎の方でも,京坂で《鳥辺山心中》《助六心中紙子姿》《心中鬼門角》《好色四人枕》などの作品が世話狂言として上演され,その影響は宝永・正徳・享保(1704‐36)ごろには江戸にも及び,はじめは時代物の二番目として組みこまれていたが,やがて宝暦・明和(1751‐72)ごろには独立した世話狂言としても演じられるようになった。…

【豊竹座】より

…1703年(元禄16),竹本義太夫の門弟竹本采女(うねめ)が独立,豊竹若太夫(のち上野少掾,越前少掾)と改名して道頓堀に開設した。いったん失敗したが,07年(宝永4)に紀海音を座付作者に,人形の辰松八郎兵衛を相座本にむかえて再興した。24年(享保9)の大坂の大火で焼失する出来事もあったが,《北条時頼(じらい)記》などが大入りして隆盛におもむいた。…

【人形浄瑠璃】より


[浄瑠璃全盛期――1720年代~1751年]
 1703年初代義太夫の門弟豊竹若太夫(越前少掾)は,竹本座から独立し豊竹座を創立,持ち前の美声と経営的手腕で地歩を固め,初代義太夫,近松没後の浄瑠璃界は竹豊両座対抗の時代を迎えた。両座の競争により浄瑠璃界はいっそう活気を帯び,享保後半~寛延期(1726‐51)25年間に,現在の文楽や歌舞伎の主要演目となる名作が次々と初演されるが,近松・紀海音(1723年(享保8)以前の豊竹座作者)時代と異なり,これらの作品の多くは合作制により生み出された。34年人形に三人遣いが考案され,人形浄瑠璃の写実的傾向はいっそう強まり,特に竹本座の人形遣い吉田文三郎は人形が〈生きて働く〉と絶賛され,彼の考案した演出,衣装などは,現在まで文楽,歌舞伎の舞台に生き続けている。…

【文耕堂】より

… 文耕堂は後世の番付面から,竹田出雲の門弟説があるが確証はない。紀海音(きのかいおん),竹田出雲,並木宗輔と並んで浄瑠璃四天王と呼ばれ,浄瑠璃全盛期の時代物作者として活躍したが,源平合戦に取材した地味な作品が多い。単独作は《河内国姥火》《車還合戦桜(くるまがえしかつせんざくら)》《元日金年越(がんじつこがねのとしこし)》《応神天皇八白旗(おうじんてんのうやつのしらはた)》の4作で,世話物は1作,他は合作である。…

【山姥】より

…(1)に基づいた芝居歌。古く《落葉集》(1704)などに収録されるものもあったが,現行されるものは,紀海音(きのかいおん)作詞,沢野九郎兵衛作曲と伝えられる。三下り物で,途中に本調子の古い〈伊勢音頭〉が挿入され,再び三下りに戻って,能の《山姥》および《邯鄲(かんたん)》による〈山めぐり〉部分となる。…

【椀久末松山】より

…3巻。紀海音作。1709‐10年(宝永6‐7)ころ大坂豊竹座初演。…

※「紀海音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone