塩月弥栄子(読み)しおつき やえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩月弥栄子 しおつき-やえこ

1918-2015 昭和後期-平成時代の茶道家。
大正7年4月4日生まれ。裏千家14代家元千宗室の長女。茶道の礼儀作法を背景にマスコミなどで活躍。また文化使節としてアジア,欧米で日本文化を紹介。昭和45年「冠婚葬祭入門」がベストセラーとなる。裏千家淡交会理事,のち顧問。養和会を主宰した。平成27年3月8日死去。96歳。京都府出身。二条高女卒。茶号は宗芯。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

塩月弥栄子の関連情報