コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増子女王 ますこじょおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増子女王 ますこじょおう

1815-1859 江戸時代後期,貞敬(さだよし)親王の第9王女。
文化12年9月15日生まれ。東本願寺第20世達如(たつにょ)の子の光浄と結婚。安政6年10月23日死去。45歳。幼称は舎宮(すてのみや),幾代宮(きよのみや),寿賀宮(すかのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

増子女王の関連キーワードラ・ファリーナオブレノビチ家ミロシュ・オブレノビチヘボンアービング(Washington Irving)ビラフランカの和議余計者光の科学史国家連合ルイ[18世]

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android