コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増永 善吉(読み)マスナガ ゼンキチ

20世紀日本人名事典の解説

増永 善吉
マスナガ ゼンキチ

昭和期の出版人 鱒書房社長。



生年
明治41(1908)年12月30日

没年
昭和42(1967)年9月13日

出身地
北海道札幌市

学歴〔年〕
北海道第一中学卒

経歴
郁文館中学校に学び、札幌でレコード店開店。昭和14年鱒書房を創立、社長となり、広瀬彦太海軍大佐の「郡司大尉」を出版。次いでコバルト叢書で式場隆三郎の「処女の心」を出し、週刊朝日の書評で売り上げを伸ばした。16年草葉栄大尉の「ノロ高地」がベストセラーとなった。戦後森正蔵の「旋風二十年」も大ヒットした。その後振るわず、一たん解散したが、26年に「戦後風雲録」「人間中野正剛」がヒット、光文社と並ぶベストラセーの雄となった。33年郡山書房社長。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android