ヒット

精選版 日本国語大辞典「ヒット」の解説

ヒット

〘名〙 (hit)
① たたくこと。打つこと。なぐること。また、打った球。打球。〔外来語辞典(1914)〕
② 野球で、安打
※最近野球術(1905)〈橋戸信〉内野篇「若しヒット或は四球に依り、走者を作りたる後は」
③ 命中すること。あたること。
※混血児ジョオヂ(1931)〈浅原六朗〉四「菊の花弁は〈略〉ジョオヂの鼻のさきに当って散ってゐた。てる子はこのヒットで気をよくした」
④ 発表したものが世間で大いに受けること。大当たりすること。
※帰郷(1948)〈大仏次郎〉夜の鳥「浅草のレヴュで今ヒットしてゐるんです」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ヒット」の解説

ヒット(hit)

[名](スル)
打つこと。また、命中すること。「パンチをヒットさせる」
野球で、打。「ヒットを打つ」「ツーベースヒット
興行物・流行歌・商品などが人気を博すること。大当たり。「業界で久しぶりのヒットをとばす」「新曲がヒットする」
ルアーフィッシングで、魚の当たりがあること。
目指す情報を探し当てること。インターネット上で、検索して情報を見つけること。「データベースで4件ヒットした」
[類語](1ぴんぽんビンゴ当たり的中命中百発百中大当たり正解正答花丸名答御名答/(2安打ホームラン本塁打

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

DBM用語辞典「ヒット」の解説

ヒット【hit】

あるウェブサーバからファイルがブラウザに送られるたびに、サーバのログファイルに「ヒット」として記録される。リクエストされたページ(画像、文字、インタラクティブ・アイテムなどを含む)のどんな要素にもヒットは作成される。例えば、ユーザーが見ているページに2つの画像があるとすれば、3つのヒットが記録されることになる-1つはそのページそのもの、そしてそれぞれの画像に1つずつ。

出典 (株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android