コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

式場隆三郎 しきば りゅうざぶろう

1件 の用語解説(式場隆三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

式場隆三郎 しきば-りゅうざぶろう

1898-1965 大正-昭和時代の精神医学者。
明治31年7月2日生まれ。静岡脳病院院長などをへて式場病院をひらく。昭和21年ロマンス社社長となり,「ロマンス」「映画スター」などを発行。ゴッホ研究家,放浪の画家山下清の後援者としても知られる。昭和40年11月21日死去。67歳。新潟県出身。新潟医専卒。著作に「ヴァン・ゴッホの生涯と精神病」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の式場隆三郎の言及

【パトグラフィー】より

…第2次大戦後,精神医学に人間学や深層心理学の考え方が浸透すると,〈病気の跡をたどる〉というイメージの強いパトグラフィーに一種の古めかしさをみてとる人が多く,他方では〈天才〉概念の衰退もあって,近年のヨーロッパではひところほどの活況はみられない。 日本では,1902年にメービウスのニーチェ研究が創刊まもない《日本神経学雑誌》に紹介されたのが始まりだが,この方面はとかく医学者の余技として軽視されがちで,式場隆三郎の大著《ファン・ホッホの生涯と精神病》(1932)など,いくつかの先駆的な業績はありながら,学問としての定着をみない時代が長く続いた。パトグラフィーが日本で市民権を得たのはやっと第2次大戦後で,わずかな研究者が集まって66年に日本病跡学懇話会(79年以後,学会)を創設し,毎年2回(84年以後,1回)の総会を開くとともに,その機関誌《日本病跡学雑誌》(隔年刊)を刊行しはじめたのが学問的出発といえる。…

※「式場隆三郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

式場隆三郎の関連キーワードアニオン電着塗装社会小説心の花鞍馬天狗(大仏次郎)ロシア映画石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

式場隆三郎の関連情報