コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨場必携 ボクジョウヒッケイ

デジタル大辞泉の解説

ぼくじょうひっけい〔ボクヂヤウヒツケイ〕【墨場必携】

書家の便に供するために、古人成句詩歌などを集めて字数ごとに配列した書。市河米庵著。天保7年(1836)佐藤一斎の序がある。明治13年(1880)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくじょうひっけい【墨場必携】

古人の詩や成句などを集めて字数ごとに配列し、書家の揮筆の便に供した書。市河米庵著。1836年佐藤一斎の序。1880年刊。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

墨場必携の関連キーワード森 琴石木村嘉平書家