コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古人 イニシエビト

デジタル大辞泉の解説

いにしえ‐びと〔いにしへ‐〕【古人】

昔の世の人。古人(こじん)。
「―の心なほく、詞みやびやかに」〈歌意考〉
前に親しくしていた人。昔なじみ。旧知。
「眉根(まよね)掻き下いふかしみ思へるに―をあひ見つるかも」〈・二六一四〉

こ‐じん【古人】

昔の人。また、昔のすぐれた人。「古人の教えに学ぶ」⇔今人(こんじん)

ふる‐ひと【古人/故人/旧人】

《「ふるびと」とも》
昔の人。すでに死んだ人。こじん。
「妹らがり今木の嶺(みね)に茂り立つ夫(つま)松の木は―見けむ」〈・一七九五〉
年をとった人。老人。
「―は涙もとどめあへず」〈・明石〉
古くからいる人。古参の人。
「右近は、何の人数ならねど…―の数に仕うまつり馴れたり」〈・玉鬘〉
昔なじみの人。
「かげろふのそれかあらぬか春雨の―なれば袖ぞぬれぬる」〈古今・恋四〉
昔風の考えの人。古風な人。
「あやしき―にこそあれ。かく物づつみしたる人は」〈・行幸〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いにしえびと【古人】

昔の世の人。
昔なじみ。旧知。 「 -を相見つるかも/万葉集 2614
昔、連れ添った人。 「わらはが-にて候/謡曲・蘆刈」

こじん【古人】

昔の人。 ↔ 今人こんじん
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古人の関連キーワードピエール・M. ブール糟粕を嘗める学ぶに如かず述べて作らず古人大兄皇子故知・故智古人の糟粕見ぬ世の人尾崎人形世帯仏法吉備笠垂墨場必携集句詩宜なり韻塞ぎ春雨の眉根古筆後生寒檠

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古人の関連情報