コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨梅 ぼくばい

百科事典マイペディアの解説

墨梅【ぼくばい】

墨一色で描いた梅の絵。起源は明らかでないが,北宋の華光仲仁が始め,南宋の楊補之によって形式が確立したとされる。元代の呉太素王元章らが著名。
→関連項目水墨画

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の墨梅の言及

【四君子】より

…気品の高いことを君子にみたてた4種類の植物,すなわち蘭,菊,梅,竹をいう。水墨によるかっこうの主題として,墨竹は唐末,墨梅は北宋末,墨蘭は南宋末,墨菊は明より描かれたが,これ以降しばしば文人による墨戯として,さまざまな組合せで描かれた。類似の画題に歳寒三友(松,竹,梅)がある。…

※「墨梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

墨梅の関連キーワード井川雪下園中林清淑彭城百川菅井梅関有川梅隠山本翠雲祇園南海野際白雪山本梅逸荒木寛一秋山要助藤堂良通仲安真康維明周奎李方膺墨竹画陳継儒文人画金冬心禅余画

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

墨梅の関連情報