コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨梅 ぼくばい

1件 の用語解説(墨梅の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

墨梅【ぼくばい】

墨一色で描いた梅の絵。起源は明らかでないが,北宋の華光仲仁が始め,南宋の楊補之によって形式が確立したとされる。元代の呉太素,王元章らが著名。
→関連項目水墨画

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の墨梅の言及

【四君子】より

…気品の高いことを君子にみたてた4種類の植物,すなわち蘭,菊,梅,竹をいう。水墨によるかっこうの主題として,墨竹は唐末,墨梅は北宋末,墨蘭は南宋末,墨菊は明より描かれたが,これ以降しばしば文人による墨戯として,さまざまな組合せで描かれた。類似の画題に歳寒三友(松,竹,梅)がある。…

※「墨梅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

墨梅の関連情報