コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬申 ジンシン

デジタル大辞泉の解説

じん‐しん【×壬申】

干支(えと)の一。みずのえさる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんしん【壬申】

干支えとの一。みずのえさる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

壬申の関連キーワード若桜部五百瀬大神高市麻呂天の川の太陽田中足麻呂当麻広麻呂近江大津宮県犬養大伴長等の山風和珥部君手和珥部大石大伴安麻呂大伴馬来田大野東人事代主神壬申の乱十市皇女村国男依壬申戸籍高田新家社戸大口

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

壬申の関連情報