干支(読み)エト

  • かんし
  • 干=支
  • 干支 gān zhī

デジタル大辞泉の解説

《「え」は兄(え)、「と」は弟(おと)の意》
十干(じっかん)十二支組み合わせたもの。十干五行にあてはめて作った、(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・(つちのえ)・(つちのと)・(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)に十二支を順に組み合わせ、甲子(きのえね)から癸(みずのとい)まで60の組み合わせを作り、年・月・日・時刻・方位などを表す。十干十二支。かんし。
十干を省略し、十二支だけで表した年。子年(ねどし)・丑年など。→十二支
[補説]干支順位表
1 甲子(きのえね・こうし)
2 乙丑(きのとうし・おつちゅう)
3 丙寅(ひのえとら・へいいん)
4 丁卯(ひのとう・ていぼう)
5 戊辰(つちのえたつ・ぼしん)
6 己巳(つちのとみ・きし)
7 庚午(かのえうま・こうご)
8 辛未(かのとひつじ・しんび)
9 壬申(みずのえさる・じんしん)
10 癸酉(みずのととり・きゆう)
11 甲戌(きのえいぬ・こうじゅつ)
12 乙亥(きのとい・おつがい)
13 丙子(ひのえね・へいし)
14 丁丑(ひのとうし・ていちゅう)
15 戊寅(つちのえとら・ぼいん)
16 己卯(つちのとう・きぼう)
17 庚辰(かのえたつ・こうしん)
18 辛巳(かのとみ・しんし)
19 壬午(みずのえうま・じんご)
20 癸未(みずのとひつじ・きび)
21 甲申(きのえさる・こうしん)
22 乙酉(きのととり・おつゆう)
23 丙戌(ひのえいぬ・へいじゅつ)
24 丁亥(ひのとい・ていがい)
25 戊子(つちのえね・ぼし)
26 己丑(つちのとうし・きちゅう)
27 庚寅(かのえとら・こういん)
28 辛卯(かのとう・しんぼう)
29 壬辰(みずのえたつ・じんしん)
30 癸巳(みずのとみ・きし)
31 甲午(きのえうま・こうご)
32 乙未(きのとひつじ・おつび)
33 丙申(ひのえさる・へいしん)
34 丁酉(ひのととり・ていゆう)
35 戊戌(つちのえいぬ・ぼじゅつ)
36 己亥(つちのとい・きがい)
37 庚子(かのえね・こうし)
38 辛丑(かのとうし・しんちゅう)
39 壬寅(みずのえとら・じんいん)
40 癸卯(みずのとう・きぼう)
41 甲辰(きのえたつ・こうしん)
42 乙巳(きのとみ・おつし)
43 丙午(ひのえうま・へいご)
44 丁未(ひのとひつじ・ていび)
45 戊申(つちのえさる・ぼしん)
46 己酉(つちのととり・きゆう)
47 庚戌(かのえいぬ・こうじゅつ)
48 辛亥(かのとい・しんがい)
49 壬子(みずのえね・じんし)
50 癸丑(みずのとうし・きちゅう)
51 甲寅(きのえとら・こういん)
52 乙卯(きのとう・おつぼう)
53 丙辰(ひのえたつ・へいしん)
54 丁巳(ひのとみ・ていし)
55 戊午(つちのえうま・ぼご)
56 己未(つちのとひつじ・きび)
57 庚申(かのえさる・こうしん)
58 辛酉(かのととり・しんゆう)
59 壬戌(みずのえいぬ・じんじゅつ)
60 癸亥(みずのとい・きがい)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

十干十二支のこと。〈えと〉ともいう。暦年,暦日等を数える方法で,古く中国の殷(いん)代に起源をもつ。十干は甲乙丙丁戊(ぼ)己(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き)で,十二支は子午未申戌亥である。十干は五行の木火土金水にそれぞれ2個を配当し,兄弟(えと)に分ける。甲を〈きのえ〉,乙を〈きのと〉と呼ぶがごとくである。十二支は日本では,〈ね〉〈うし〉〈とら〉などのように動物名を当てる。また60配を一巡とする場合も〈甲子〉を〈きのえね〉,〈乙丑〉を〈きのとうし〉のように呼ぶ。なお10世紀初頭から,時刻の呼び方に十二支を使用し,内容は時代により変化したが,幕末まで続いた。→
→関連項目乙巳の変丙午方位
干支(かんし)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

占い用語集の解説

十干と十二支を組み合わせたもので、上に十干、下に十二支を配する。甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十干と、子・丑・寅・・辰・巳・・未・申・酉・・亥の十二支との最小公倍数より60の組み合わせがあり、年月日時にそれぞれ充てられ、時間の変化をあらわす。

出典 占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

十干十二支のこと。古くは十日十二辰,十母十二子などともいった。日本では〈えと〉と呼ぶ。中国やアジアの漢字文化圏において,年・月・日・時や方位,さらにはことがらの順序をあらわすのにも用いられた(図1)。また,陰陽五行説などと結合してさまざまな占いや呪術にも応用された。十干は甲(こう)・乙(おつ∥いつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き),十二支は,子(し)・丑(ちゆう)・寅(いん)・卯(ぼう)・辰(しん)・巳(し)・午(ご)・未(び)・申(しん)・酉(ゆう)・戌(じゆつ)・亥(がい)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

え(兄)おと(弟)の略
十干と十二支とを組み合わせたもの。木・火・土・金・水の五行を、それぞれ陽の気を表す「え」と陰の気を表す「と」とに分けたものが十干、すなわち、甲きのえ・乙きのと・丙ひのえ・丁ひのと・戊つちのえ・己つちのと・庚かのえ・辛かのと・壬みずのえ・癸みずのと。これに十二支、すなわち、子・丑うし・寅とら・卯・辰たつ・巳・午うま・未ひつじ・申さる・酉とり・戌いぬ・亥を順に割り当て、甲子きのえね・乙丑きのとうしのように呼ぶ。これで六〇の組み合わせができる。年月・時刻・方位などを表す呼称として用いられる。十干十二支。かんし。
十干十二支のうち、十干をはぶいて、十二支だけで表した年をいう。子年・丑年・寅年など。
十干じつかんと十二支じゆうにし。えと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「え」は兄(え)、「と」は弟(おと)の意)
① 十干(じっかん)を五行(木・火・土・金・水)に二つずつ分けて、それぞれを陽の気を表わす「え」と陰の気を表わす「と」に当て、これに十二支(じゅうにし)を順に組み合わせたもの。甲子(きのえね)、乙丑(きのとうし)から壬戌(みずのえいぬ)、癸亥(みずのとい)まで、六〇の組み合わせがつくられ年月日、時刻、方位などを表わす名称として用いられる。古代中国で考案され、前漢時代より暦に用いられていたものが、後、朝鮮を通じて日本に伝わった。日本では推古朝の頃より暦に採用された。十干十二支。干支(かんし)
※日葡辞書(1603‐04)「Yetoxican(エトシカン)〈訳〉日本人の用いる日や月の数え方」
※読本・雨月物語(1776)白峯「今より支干(ヱト)一周(めぐり)を待たば、重盛が命数(よはひ)既に尽きなん」
② (①によって年を示した場合の十干をはぶいたもの) 十二支だけで表わした年。「来年の干支(えと)は寅」「父の干支は辰」
〘名〙 十干(甲乙丙丁戊己庚辛壬癸)と、十二支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)。また、それらの組み合わせ。物の順序づけ、特に暦の上で、年や日の固有の順位を十進、十二進又は六十進的に示すのに用いる。えと。幹枝(かんし)。〔随筆・比古婆衣(1847‐61)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

「十干十二支」の。年・月・日・方向にあてはめて用いる
「えと」ともいう。十干はもと太陰暦のひと月を三分し,一旬10日の毎日に甲 (コウ) ・乙 (オツ) ・丙 (ヘイ) ・丁 (テイ) ・戊 (ボ) ・己 (キ) ・庚 (コウ) ・辛 (シン) ・壬 (ジン) ・癸 (キ) のような十字をあて,十二支は一年12か月に子 (シ・ね) ・丑 (チユウ・うし) ・寅 (イン・とら) ・卯 (ボウ・う) ・辰 (シン・たつ) ・巳 (シ・み) ・午 (ゴ・うま) ・未 (ビ・ひつじ) ・申 (シン・さる) ・酉 (ユウ・とり) ・戌 (ジユツ・いぬ) ・亥 (ガイ・い) の文字をあてた。十干と十二支を甲子・乙丑……のように組み合わせて一巡させ,日や年を示す。日本では,年号に先立って6〜7世紀に用いられた。60歳を還暦というのは組合せの一巡からきたものである。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の干支の言及

【干支】より

…十二支も12月の呼び名として殷代に考案されたらしい。この両者を組みあわせて六十干支とし,それによって日を記すこともすでに殷代には行われており,六十干支表は甲骨文に残っている(図2参照)。ただ年月は順序数を使用していた。…

※「干支」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

干支の関連情報