コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壺棺 つぼかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壺棺
つぼかん

弥生時代中~後期に使用された壺を棺に転用したもの。近畿地方以東でこの風習がみられる。特に関東北部から東北南部では中期初頭に広く行われ,人骨を洗骨したあとの再埋葬に用いられた。壺棺には日常使用していた容器かあるいは人面を付した特殊な器形の土器が使われた。一般には単棺であるが,なかにはふたとして鉢形や甕形土器を組合せた例もある。これらは共同墓地に掘った長楕円形,円形の小ピットの中に埋められ,たまに玉類が副葬されることもあった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の壺棺の言及

【甕棺】より

…遺体や火葬骨を葬るのに用いる土器,陶器。口広く丈高い器を用いたものを甕棺と呼び,頸すぼまりで胴の張ったものを壺棺(つぼかん)と呼び分けることもある。なお平面円形の一般容器の形から離れ,本来の棺として作ったものは陶棺とよび,甕棺とは区別する。…

※「壺棺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

壺棺の関連キーワード埋甕(まいよう)タボン洞窟群唐古吾妻山遺跡群百間川遺跡方形周溝墓南滋賀遺跡梶栗浜遺跡朝田墳墓群歳勝土遺跡日高遺跡田能遺跡弥生時代猫山遺跡檍遺跡甕棺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android