コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変晶 へんしょうblast

翻訳|blast

岩石学辞典の解説

変晶

変成作用の過程で固体状態で再結晶作用が行われたことを示す語[Becke : 1903].接頭語としてblasto-を用いる場合と,接尾語として-blastを用いる場合がある.接頭語は岩石の残存する模様に関するもので,残斑状(blastoporphyritic)などと使用する.接尾語は,変成作用によって発達して新しく得られた状態に関係するもので,斑状変晶(porphyroblast)などと使用する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

変晶の関連キーワードファイブロブラスティック組織ポイキロブラスティック組織グラニュロブラスティックヘテロブラスティック組織プレキネマティック組織ポーフィロブラステシスハイプイディオブラストプタイキジェニック岩ヘリサイト状斑状変晶マイカオフサルミック構造繊維状変晶質組織石灰質眼球千枚岩メタブラステシスメタクリスタル岩自形変晶質組織等粒変晶質組織ホルンフェルスエンブレカイトオフサルマイト

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android