コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

再結晶作用 さいけっしょうさよう recrystallization

翻訳|recrystallization

3件 の用語解説(再結晶作用の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

再結晶作用
さいけっしょうさよう
recrystallization

固体のままで岩石中で新しい結晶が生じる現象。この現象は温度,圧力などの外的条件が変化したとき,もとの岩石中の鉱物が不安定になり,新しい鉱物 (結晶) が成長することによって起る。岩石の再結晶作用変成作用の一つである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さいけっしょう‐さよう〔サイケツシヤウ‐〕【再結晶作用】

変成作用のとき、岩石中で、固体の状態のまま新しい結晶ができること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

再結晶作用

再結晶とは塑性変形を受けた結晶が,それより十分高い温度で加熱されたとき,新しく歪の少ない同じ鉱物種の結晶粒が出現する現象.一般には結晶粒界が移動することで自由エネルギーが減少する過程である[阿部 : 1969].再結晶作用では固体の岩石の以前の結晶が置き換わって組織が再編成され,その作用の前後には結晶の種類が変化しない場合に使用されるが,変成作用では温度や圧力の変化で既存の鉱物が反応して,新しい条件の下で安定な異なった種類の鉱物に変化する場合も再結晶作用とよんでいる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の再結晶作用の言及

【変成作用】より

…このとき砂岩や泥岩に含まれる石英,斜長石,雲母などの鉱物は化学反応を起こして,黒雲母やキン青石,カリ長石などの鉱物が生ずる。このように岩石中で新しく鉱物が成長するプロセスを再結晶作用という(再結晶作用という場合,微粒の結晶が大きく成長するプロセスもいうが,ふつうは化学反応によって新しく鉱物が成長することをいう)。このように考えると再結晶作用は変成作用のおもなプロセスであるといえる。…

※「再結晶作用」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

再結晶作用の関連キーワード加工硬化塑性変形氷結晶一次再結晶作用二次再結晶作用グラニュライト化作用変成塑性ニュー・グレイン再結晶岩結晶質石灰岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone