夏日斑(読み)カジツハン

精選版 日本国語大辞典の解説

かじつ‐はん【夏日斑】

〘名〙 顔、ことに頬、目のまわりに多く発生する濃淡の褐色の小色素斑。思春期から現われる。夏に多くなり、冬になると薄くなる。そばかす。〔医語類聚(1872)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android