コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏越しの祓 ナゴシノハラエ

デジタル大辞泉の解説

なごし‐の‐はらえ〔‐はらへ〕【夏越しの×祓】

陰暦6月晦日(みそか)に、罪やけがれを除き去るため宮中および諸社で行われる祓の行事。茅(ち)の輪をくぐったり、人形(ひとがた)を作って身体をなでて清め、それを水に流したりした。輪越しの祭り。みなづきばらえ。なごしのみそぎ。なつばらえ。 夏》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

夏越しの祓の関連キーワード夏越しの御禊夏越しの神楽夏越しの月夏越し

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏越しの祓の関連情報