夏越しの祓(読み)ナゴシノハラエ

デジタル大辞泉「夏越しの祓」の解説

なごし‐の‐はらえ〔‐はらへ〕【夏越しの×祓】

陰暦6月晦日みそかに、罪やけがれを除き去るため宮中および諸社で行われる祓の行事の輪をくぐったり、人形ひとがたを作って身体をなでて清め、それを水に流したりした。輪越しの祭り。みなづきばらえ。なごしのみそぎ。なつばらえ。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android