コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸社 ショシャ

大辞林 第三版の解説

しょしゃ【諸社】

多くの神社。
1871年(明治4)に制定された社格制度で、官社に対して、府社・県社・郷社・村社・無格社の総称。民社。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の諸社の言及

【府県社】より

…府社,県社のこと。同年5月,政府は太政官布告で,官社以下定額,神官職制,神社規則を制したなかで,官社以外を諸社とし,それを府社,藩社,県社,郷社に区別したが,同年7月廃藩後,藩社は県社とし,また同年郷社の下に村社,無格社をおいた。よって官社すなわち官国幣社に対して,諸社いわゆる民社の中では最上級の社格で,地方官の所管に属し,職員として祠官,祠掌がおかれ,1894年以後社司,社掌と改められた。…

※「諸社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

諸社の関連キーワード建勲神社(たけいさおじんじゃ)一代一度の奉幣惣社(総社)宗源の宣旨遷宮・遷座本朝神社考夏越しの祓官国幣社坂内直頼久米幹文寺社縁起神社合祀大神宝使少宮司無格社百太夫月次祭田楽座宮巡り祈雨使

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android