コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外外 ホカホカ

デジタル大辞泉の解説

ほか‐ほか【外外】

[名・形動ナリ]
そこ以外の別々の場所。
「―にては同じ顔をうつしとりたると見ゆるを」〈・藤裏葉〉
別々に別れているさま。
「月ごろかく―にて、渡り給ふこともをさをさなきやうに」〈・若菜下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほかほか【外外】

〔「ほか」を重ねた語〕
そこ以外の別々の場所。よそ。ほか。 「はやうありし者どもの-なりつる、田舎だちたる所に住む者どもなど/枕草子 25
別々にわかれているさま。 「月ごろ、かく-にて/源氏 若菜下

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

外外の関連キーワードオフショア・センター国際金融市場国外外来生物ツンベリー国外外来種外来生物岡尾正恵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外外の関連情報