以外(読み)イガイ

  • いがい ‥グヮイ
  • いがい〔グワイ〕
  • もってのほか

デジタル大辞泉の解説

ある範囲の外側。「自分の職務以外のこと」⇔以内
(他の名詞や動詞に付いて)それを除く他の物事。「関係者以外入室禁止」「食べる以外に楽しみがない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① ある範囲の外側。⇔以内
※改正増補和英語林集成(1886)「コノ イタベイヨリ igwai(イグヮイ)
② (他の名詞や動詞に付いて) それを除く他の物事。そのほか。
※史記抄(1477)七「殺人以外は唯傷人及盗は、使至罪名耳ぞ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「黒の子分になって鼠以外の御馳走を猟ってあるく事もしなかった」 〔顔氏家訓‐勉学〕
[語誌](1)中国の典籍に用いられており、日本でも熟字としてはすでに奈良時代の文献にあるが、その読みは、日本書紀古訓によると「ほか」である。また、平安中期の古記録・古文書での読みは「もってのほか」である。
(2)中世以降、「以後」「以前」などにならって音読みが行なわれた。
〘名〙 (形動)
① (事柄が常識や予想を越えていて)程度がはなはだしいこと。たいへんなこと。また、そのさま。困った状態、どうにもならない状態の場合に用いられることが多い。
※富家語(1151‐61)「知成と高声に召て後に、以外僻事仕候にける」
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)相の山「御病気以の外のよし」
② (事柄が普通でなくとがめ立てされるような場合に用いる) とんでもないこと。けしからぬこと。
※浄瑠璃・酒顛童子付頼光山入(1678)「なんぞやあつまのあらゑびすを。むこに取べきいはれなしと、もっての外にの給へば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

以外の関連情報