外殻(読み)ガイカク

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐かく グヮイ‥【外殻】

〘名〙 外側にある殻(から)
※簑虫と蜘蛛(1921)〈寺田寅彦〉「自分は冬中此の死んで居るか生きて居るかも分らない虫の外殻の鈴成りになって居るのを眺めて暮して来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外殻の言及

【原子】より

…これを周期律と呼ぶ。周期表で同族の原子は外殻の構造が似ており,そのために類似した化学的性質を示すのである。同位体は周期表では同じ位置におかれる。…

※「外殻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外殻の関連情報