蜘蛛(読み)クモ

デジタル大辞泉の解説

くも【蜘蛛】

蛛形(ちゅけい)綱真正クモ目の節足動物の総称。体は頭胸部と腹部とからなり、歩脚は四対。ふつう8個の単眼がある。腹部後方に糸を出す突起をもつ。肉食性で、網を張るものと網を張らないものとがある。オニグモジョロウグモジグモなど日本には約1000種が知られる。 夏》

ち‐しゅ【××蛛】

「ちちゅ(蜘蛛)」の慣用読み。「くも(蜘蛛)」に同じ。

ち‐ちゅ【××蛛】

くも(蜘蛛)」に同じ。
「散り来る柳の一葉の上に―の乗りて」〈謡・遊行柳

ち‐ちゅう【××蛛】

くも(蜘蛛)」に同じ。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くも【蜘蛛】

クモ形綱真正クモ目に属する節足動物の総称。体は頭胸部と腹部とからなり、胸部に四対の歩脚がある。腹端に紡績突起があって糸を出す。普通、八個の単眼をもち、複眼はない。頭部には脚の変化した触肢がある。糸を出して巣を張るオニグモ・ジョロウグモなどと、巣を張らないジグモ・ハエトリグモなどがある。分類上は、昆虫よりサソリ・ダニなどに近い。 [季] 夏。 → 蜘蛛の子

ちしゅ【蜘蛛】

ちちゅ【蜘蛛】

〔「ちちゅう」 「ちしゅ」とも〕
(動物の)クモ。

ちちゅう【蜘蛛】

ちちゅ(蜘蛛)」に同じ。 「 -が網をはりて、鳳凰をまつ風情也/曽我 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜘蛛 (クモ)

動物。クモ目の節足動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くも【蜘蛛】

〘名〙
① 蜘蛛形類、クモ目に属する節足動物の総称。体は頭胸部と腹部とからなり、長い四対のあしをもつ。はね、触角や複眼はなく、分類上、昆虫類よりはダニやサソリに近い。腹部後方に紡績突起があり、糸を出して網を張り昆虫などの獲物を捕える。タナグモ、オニグモ、ジョロウグモ、アシナガグモなど約一〇〇〇種が分布する。網を張らないジグモ、ハエトリグモドクグモなどもある。ささがに。《・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
俳諧・向之岡(1680)「蜘何と音(ね)をなにと鳴く秋の風〈芭蕉〉」
② 「くもすけ(雲助)①」の略。
※俳諧・鶉衣(1727‐79)前「東海道にちりぼひたる宿なし者をば蜘(クモ)とはいかでいふやらむ」
[語誌]古くクモは、霊力を持つとされ、クモが巣をかけるのを待ち人の来訪の前兆とする俗信や、朝グモを吉事の前兆とする俗信が生まれた。その一方で、「古事記‐中」の「尾生(あ)る土雲(つちくも)、八十建(やそたける)」のように敵対する土着のひとびとをクモと呼び、その外見から、マイナスのイメージをもって描かれることも多い。

ち‐しゅ【蜘蛛】

〘名〙 「ちちゅ(蜘蛛)」の慣用読み。
※明応本節用集(1496)「蜘蛛 チシュ」

ち‐ちゅ【蜘蛛】

〘名〙 =くも(蜘蛛)

ち‐ちゅう【蜘蛛】

〘名〙 =くも(蜘蛛)
※田氏家集(891‐892)上・見蜘蛛作網「蜘蛛作網、日昏時」
※高野本平家(13C前)五「紀州なくさの郡高雄村に一の蜘蛛(チチウ)あり」 〔関尹子‐三極〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜘蛛の関連情報