蜘蛛(読み)クモ

  • ×蜘×蛛
  • ちしゅ
  • ちちゅ
  • ちちゅう
  • 蜘=蛛
  • 蜘蛛 (クモ)

デジタル大辞泉の解説

蛛形(ちゅけい)綱真正クモ目の節足動物総称。体は頭胸部と腹部とからなり、歩脚は四対。ふつう8個の単眼がある。腹部後方に糸を出す突起をもつ。肉食性で、網を張るものと網を張らないものとがある。オニグモジョロウグモジグモなど日本には約1000種が知られる。 夏》
くも(蜘蛛)」に同じ。
「散り来る柳の一葉の上に―の乗りて」〈謡・遊行柳
ちちゅ(蜘蛛)」の慣用読み。「くも(蜘蛛)」に同じ。
くも(蜘蛛)」に同じ。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

動物。クモ目の節足動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 蜘蛛形類、クモ目に属する節足動物の総称。体は頭胸部と腹部とからなり、長い四対のあしをもつ。はね、触角や複眼はなく、分類上、昆虫類よりはダニやサソリに近い。腹部後方に紡績突起があり、糸を出して網を張り昆虫などの獲物を捕える。タナグモ、オニグモ、ジョロウグモ、アシナガグモなど約一〇〇〇種が分布する。網を張らないジグモ、ハエトリグモ、ドクグモなどもある。ささがに。《季・夏》 〔十巻本和名抄(934頃)〕
※俳諧・向之岡(1680)「蜘何と音(ね)をなにと鳴く秋の風〈芭蕉〉」
② 「くもすけ(雲助)①」の略。
※俳諧・鶉衣(1727‐79)前「東海道にちりぼひたる宿なし者をば蜘(クモ)とはいかでいふやらむ」
[語誌]古くクモは、霊力を持つとされ、クモが巣をかけるのを待ち人の来訪の前兆とする俗信や、朝グモを吉事の前兆とする俗信が生まれた。その一方で、「古事記‐中」の「尾生(あ)る土雲(つちくも)、八十建(やそたける)」のように敵対する土着のひとびとをクモと呼び、その外見から、マイナスのイメージをもって描かれることも多い。
〘名〙 「ちちゅ(蜘蛛)」の慣用読み。
※明応本節用集(1496)「蜘蛛 チシュ」
〘名〙 =くも(蜘蛛)
※田氏家集(891‐892)上・見蜘蛛作網「蜘蛛作網、日昏時」
※高野本平家(13C前)五「紀州なくさの郡高雄村に一の蜘蛛(チチウ)あり」 〔関尹子‐三極〕
〘名〙 =くも(蜘蛛)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜘蛛の関連情報