コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜘蛛 クモ

デジタル大辞泉の解説

くも【蜘蛛】

蛛形(ちゅけい)綱真正クモ目の節足動物の総称。体は頭胸部と腹部とからなり、歩脚は四対。ふつう8個の単眼がある。腹部後方に糸を出す突起をもつ。肉食性で、網を張るものと網を張らないものとがある。オニグモジョロウグモジグモなど日本には約1000種が知られる。 夏》

ち‐しゅ【××蛛】

「ちちゅ(蜘蛛)」の慣用読み。「くも(蜘蛛)」に同じ。

ち‐ちゅ【××蛛】

くも(蜘蛛)」に同じ。
「散り来る柳の一葉の上に―の乗りて」〈謡・遊行柳

ち‐ちゅう【××蛛】

くも(蜘蛛)」に同じ。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くも【蜘蛛】

クモ形綱真正クモ目に属する節足動物の総称。体は頭胸部と腹部とからなり、胸部に四対の歩脚がある。腹端に紡績突起があって糸を出す。普通、八個の単眼をもち、複眼はない。頭部には脚の変化した触肢がある。糸を出して巣を張るオニグモ・ジョロウグモなどと、巣を張らないジグモ・ハエトリグモなどがある。分類上は、昆虫よりサソリ・ダニなどに近い。 [季] 夏。 → 蜘蛛の子

ちしゅ【蜘蛛】

ちちゅ【蜘蛛】

〔「ちちゅう」 「ちしゅ」とも〕
(動物の)クモ。

ちちゅう【蜘蛛】

ちちゅ(蜘蛛)」に同じ。 「 -が網をはりて、鳳凰をまつ風情也/曽我 8

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜘蛛 (クモ)

動物。クモ目の節足動物の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蜘蛛の関連キーワード網の目に風とまらず蜘蛛の子を散らす日本蜘蛛学会カルビーノささがねのインディー蜘蛛の行ひスパイダー脳ドック蜘蛛百態ぞよぞよ蜘蛛の巣シンプル脳脊髄液脳脊髄膜女郎蜘蛛蜘蛛の糸蜘蛛の囲蜘蛛の子冬中夏草

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蜘蛛の関連情報