コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外腹斜筋 がいふくしゃきんexternal oblique muscle of abdomen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外腹斜筋
がいふくしゃきん
external oblique muscle of abdomen

側腹部の筋肉のうち最外層にあるもので,第5~12肋骨外面から起り,主として鼠径靭帯,腹直筋鞘前葉に終る幅広い筋肉。肋骨を引下げ (または骨盤を引上げ) ,脊柱を同側へ曲げる。肋間神経および腸骨下腹神経に支配される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

外腹斜筋の関連キーワードドローイン内腹斜筋広背筋鼠径部腹筋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外腹斜筋の関連情報