肋間神経(読み)ロッカンシンケイ

  • ×肋間神経
  • ろっかんしんけい ロクカン‥
  • ろっかんしんけい〔ロクカン〕
  • 肋間神経 nervi intercostals

世界大百科事典 第2版の解説

肋間動脈および肋間静脈と並んで隣り合う肋骨の間(〈肋間〉)を走る神経。胸神経の前枝で,ヒトでは12対ある。しかし第12肋間神経は,第12〈肋間〉ではなくて,第12肋骨の下を走ることになるから(ヒトの肋骨は12対であり,したがって第12肋間はない),とくに肋下神経とよばれる。肋間神経は,末梢神経のなかで最も強く体節の面影を残す神経で,壁と腹壁を形成する骨格筋を支配するとともに,胸壁と腹壁(前面側面)の皮膚にも分布する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 脊髄の神経の中で、胸髄から出て肋骨に沿って走り、胸腹部に分布するもの。一二対ある。〔解剖辞書(1875)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の肋間神経の言及

【肋間神経痛】より

…肋間神経に生ずる激しい痛み。突発的に生ずる肋骨の走行に沿ったつきさすような痛みで,外傷,感染,圧迫,寒冷などにより生ずると考えられ,肋骨の下面を押すと圧痛がみられ,咳や深呼吸により増強する。…

※「肋間神経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android