多冬極氷、多冬氷(読み)たとうきょくひょう、たとうひょう(英語表記)arctic ice

海の事典の解説

多冬極氷、多冬氷

海氷の内、複数の冬を経過して成長してきたものをいう。二冬目のものは、二冬極氷と呼ばれる。南極域のものについては arctic ice という名称は不適であるので、共通した呼び名として multi-yearice 多年氷が通常用いられる。多冬極氷は一般に厚く、2.5m 以上の厚さをもつのが普通である。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android