コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治藤善 たじひの ふじよし

1件 の用語解説(多治藤善の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治藤善 たじひの-ふじよし

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)6年(864)従五位下となる。12年新貨幣の貞観永宝が諸神社に初穂として奉納されたとき,山城の葛野(かどの)鋳銭所(ちゅうせんしょ)付近の5社へ派遣された。加賀守(かがのかみ),大蔵大輔(おおくらのたいふ)などを歴任。元慶(がんぎょう)9年摂津守に任命されたが赴任せず,仁和(にんな)2年(886)従五位上から1階級おとされた。氏は丹墀,名は藤吉ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

多治藤善の関連キーワード朝右王海部男種麻呂粟鱒麻呂上毛野永世賀茂岑雄讃岐時人平好風伴河男中臣逸志山田弘宗

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone