コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治藤善 たじひの ふじよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治藤善 たじひの-ふじよし

?-? 平安時代前期の官吏。
貞観(じょうがん)6年(864)従五位下となる。12年新貨幣の貞観永宝が諸神社に初穂として奉納されたとき,山城の葛野(かどの)鋳銭所(ちゅうせんしょ)付近の5社へ派遣された。加賀守(かがのかみ),大蔵大輔(おおくらのたいふ)などを歴任。元慶(がんぎょう)9年摂津守に任命されたが赴任せず,仁和(にんな)2年(886)従五位上から1階級おとされた。氏は丹墀,名は藤吉ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多治藤善の関連キーワード貞観

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android