コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元慶 げんけい

8件 の用語解説(元慶の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

元慶
げんけい

[生]慶安1(1648)
[没]宝永7(1710).7.11. 江戸
松雲禅師元慶。江戸時代中期の仏師。 22歳で仏門に入り,諸国行脚の途中羅漢像の造顕を発心。のち鉄牛和尚を頼って江戸に出る。寄進を得て元禄頃に丈六釈迦像や等身の羅漢像 560体を造り,本所に羅漢寺を創建 (1910年東京,目黒に移転) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

がんぎょう〔グワンギヤウ〕【元慶】

《「がんきょう」とも》平安前期、陽成天皇光孝天皇の時の年号。877年4月16日~885年2月21日。げんけい。

げんけい【元慶】

がんぎょう(元慶)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

元慶 げんきょう

松雲元慶(しょううん-げんけい)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

がんぎょう【元慶】

年号(877.4.16~885.2.21)。貞観の後、仁和の前。陽成・光孝天皇の代。げんけい。

げんけい【元慶】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

がんぎょう【元慶】

日本の元号(年号)。平安時代の877年から885年まで、陽成(ようぜい)天皇、光孝(こうこう)天皇の代の元号。前元号は貞観(じょうがん)。次元号は仁和(にんな)。877年(貞観19)4月16日改元。陽成天皇の即位、白雉・白鹿献上の瑞祥を理由に行われた(代始・祥瑞改元)。陽成天皇は884年(元慶8)、光孝天皇に譲位した。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

元慶の関連キーワードフロンドの乱ルナンル・ナン[兄弟]シケイラ・デ・ソウザウィルキンズルナン慶安会津藩朝日焼宗教戦争

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元慶の関連情報