コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胡石 たごいし

世界大百科事典 第2版の解説

たごいし【多胡石】

群馬県多野郡吉井町に産する砂岩の石材名。第三紀層に属し,淡褐色粗粒で木目のような模様がある。硬質で耐久性に富むが,研磨しても光沢は出ない。採石場は小規模で産額も少ないが,独特の縞模様が和風建築にもよく調和し,捨てがたい味をもっている。【矢橋 謙一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の多胡石の言及

【砂岩】より

…【徳岡 隆夫】
[石材]
 砂岩は,ヨーロッパやアメリカでは花コウ岩や大理石と並んで建築や装飾用石材として多用されているが,日本では,土木用材としてはともかく,見るべき建築用材は産しない。わずかに,群馬県多野郡吉井町の第三紀層から採石される多胡石という粗粒淡褐色の木目模様の石や,大阪府泉南郡阪南町付近の白亜紀層に産する緑灰色の和泉石などを数えるにすぎない。近年,インドのラージャスターン州東部の台地で採石される先カンブリア時代末から古生代初めにかけての砂質ケツ岩の,建築での使用が日本で目立つ。…

【吉井[町]】より

…農業が主で,全国有数の生産高を誇る生シイタケの生産,キュウリなどの施設園芸が盛んである。特産の多胡(たご)石を用いた石灯籠や建築用石材の生産は,農家の副業として重要である。中小工場を中心に機械金属工業も見られる。…

※「多胡石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android