コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

矢橋 やばせ

5件 の用語解説(矢橋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢橋
やばせ

滋賀県南西部,草津市西部の琵琶湖岸にある地区。旧湖港。江戸時代東海道の近道となった大津-矢橋間の渡船場として栄えた。「矢橋帰帆」で知られる近江八景の一つであったが,現在は石垣と常夜灯のみが残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

やばせ【矢橋】

滋賀県草津市の地名。琵琶湖の南東岸にあり、「矢橋の帰帆」は近江八景の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

やばせ【矢橋】

滋賀県草津市の地名。琵琶湖南東岸の旧港町。近江八景の一つ「矢橋の帰帆」で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕矢橋(やばせ)


滋賀県琵琶湖東岸、草津市の地区。
現在の矢橋町周辺にあたる。近江八景の一つ「矢橋の帰帆(きはん)」で知られるが、風景の変貌著しく、昔の面影はない。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢橋
やばせ

滋賀県南西部、草津市の一地区。琵琶(びわ)湖東岸の旧港町で、大津の打出(うちいで)浜とは約4キロメートルの距離で相対し、かつては渡船場として栄えた。「矢橋の帰帆(きはん)」は近江(おうみ)八景の一つ。現在は当時の石垣と常夜灯が残るのみで、人工島(矢橋帰帆島)や近江大橋など周辺の変貌(へんぼう)が著しい。矢橋帰帆島には湖南中部浄化センター、公園がある。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の矢橋の言及

【草津[市]】より

…古くから交通の要衝で,江戸時代には東海道と中山道の分岐点の宿場町としてにぎわい,現在も草津宿本陣(史)が残っている。琵琶湖岸の矢橋(やばせ)は近江八景の一つ〈矢橋の帰帆〉で知られる湖港で,東海道と連絡する湖上交通の要地として栄えた。市北端の芦浦にある観音寺は,中世末期から近世初期にかけて湖上交通の船奉行の権利が与えられていた寺で,現在も堀と石垣に囲まれ,多くの文化財を残している。…

※「矢橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

矢橋の関連キーワード真野滋賀県立大学滋賀浦滋賀県立琵琶湖博物館滋賀県草津市下物町滋賀県大津市堅田滋賀県草津市草津滋賀県草津市西草津滋賀県草津市西渋川滋賀県草津市西矢倉

矢橋の関連情報