矢橋(読み)やばせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

矢橋
やばせ

滋賀県南西部,草津市西部の琵琶湖岸にある地区。旧湖港。江戸時代東海道の近道となった大津-矢橋間の渡船場として栄えた。「矢橋帰帆」で知られる近江八景の一つであったが,現在は石垣と常夜灯のみが残る。琵琶湖国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

やばせ【矢橋】

滋賀県草津市の地名。琵琶湖南東岸の旧港町。近江八景の一つ「矢橋の帰帆」で知られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕矢橋(やばせ)


滋賀県琵琶湖東岸、草津市の地区。
現在の矢橋町周辺にあたる。近江八景の一つ「矢橋の帰帆(きはん)」で知られるが、風景の変貌著しく、昔の面影はない。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

矢橋
やばせ

滋賀県南西部、草津市の一地区。琵琶(びわ)湖東岸の旧港町で、大津の打出(うちいで)浜とは約4キロメートルの距離で相対し、かつては渡船場として栄えた。「矢橋の帰帆(きはん)」は近江(おうみ)八景の一つ。現在は当時の石垣と常夜灯が残るのみで、人工島(矢橋帰帆島)や近江大橋など周辺の変貌(へんぼう)が著しい。矢橋帰帆島には湖南中部浄化センター、公園がある。[高橋誠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の矢橋の言及

【草津[市]】より

…古くから交通の要衝で,江戸時代には東海道と中山道の分岐点の宿場町としてにぎわい,現在も草津宿本陣(史)が残っている。琵琶湖岸の矢橋(やばせ)は近江八景の一つ〈矢橋の帰帆〉で知られる湖港で,東海道と連絡する湖上交通の要地として栄えた。市北端の芦浦にある観音寺は,中世末期から近世初期にかけて湖上交通の船奉行の権利が与えられていた寺で,現在も堀と石垣に囲まれ,多くの文化財を残している。…

※「矢橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

矢橋の関連情報