コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

採石場 さいせきじょうquarry

翻訳|quarry

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採石場
さいせきじょう
quarry

窯業原料,土木,建築用材料などにする粘土,石灰石石材,砂,砂利骨材用砕石,割栗石などの採掘場や石切場など。主として露天である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さいせき‐じょう〔‐ヂヤウ〕【採石場】

安山岩や砂岩など一般用岩石を採掘している所。厳密には採石法の適用を受ける場所。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さいせきじょう【採石場 quarry】

法定鉱物以外の岩石,ベントナイト酸性白土ケイ藻土陶石,雲母,ヒル石などの工業原料用岩石を採掘または採取する場所を指す。すなわち採石法に基づく採掘事業所のことであるが,狭義では,大理石,花コウ岩,大谷石(おおやいし),鉄平石(てつぺいせき)(安山岩の一種)などの建築用石材採取場,コンクリートや路面舗装用の骨材,道路構築用石材,鉄道道床バラスト,港湾建設または埋立用石材の原石を採掘する場所のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

採石場
さいせきば

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の採石場の言及

【採石場】より

…また建築用石材採取場のことを石切場(いしきりば)ともいう。一方,法定鉱物である石灰石やドロマイトの採掘場も,地域的俗称として,採石場ということがある。採石場で採掘された岩石を骨材,道路構築用石材,道床バラスト,埋立用石材などの用途に応じて破砕・選別,整粒する工場,またはこの工場と採石場を含めて砕石場(さいせきじよう)crushing plantというが,区別がしにくいために,とくに採石場を〈とりいしじょう〉と称することがある。…

※「採石場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

採石場の関連キーワードスピエンヌの新石器時代の火打石の鉱山発掘地〈モンス〉ロートン(アメリカ合衆国)旧脇野沢村不法投棄問題宇都宮県立自然公園倉吉市の新斎場問題ピルトダウン事件坂本地区の大陥没笠間県立自然公園カッティングスふるい(篩)機天国の石切り場イッテルビーロックポートケンタレン岩阿翁石工製品ミッケリ県カッラーラじん肺被害ラバト頭骨ジャフロン

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

採石場の関連情報