コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多重効用蒸発 たじゅうこうようじょうはつmultiple effect evaporation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多重効用蒸発
たじゅうこうようじょうはつ
multiple effect evaporation

化学プロセスでは,カセイソーダ水溶液や塩水などを加熱・蒸発させて濃縮するいわゆる蒸発操作がしばしば使用されている。蒸発してくる蒸気を加熱蒸気として別の蒸発缶に用いるといったように,逐次発生した水蒸気を熱源として多重に用いる蒸発操作を多重効用蒸発という。2重効用から7重効用が多く用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

多重効用蒸発の関連キーワード化学プロセス製塩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android