多重変換装置(読み)たじゅうへんかんそうち

世界大百科事典 第2版の解説

たじゅうへんかんそうち【多重変換装置】

周波数分割多重通信において,多重度が大きい場合には群変調が用いられ,さらにいくつかの群をまとめて群変調を繰り返すことが行われる。この多重化の階層構成をFDMハイアラーキという。多重変換装置は,このハイアラーキに従って群変調を行う装置である。これらには12チャンネルの音声を基礎群に多重変換する通話路変換装置,五つの基礎群を多重変換する群変換装置,以下同様に,超群変換装置,主群変換装置,超主群変換装置,巨群変換装置がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android