コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多重変換装置 たじゅうへんかんそうち

世界大百科事典 第2版の解説

たじゅうへんかんそうち【多重変換装置】

周波数分割多重通信において,多重度が大きい場合には群変調が用いられ,さらにいくつかの群をまとめて群変調を繰り返すことが行われる。この多重化の階層構成をFDMハイアラーキという。多重変換装置は,このハイアラーキに従って群変調を行う装置である。これらには12チャンネルの音声を基礎群に多重変換する通話路変換装置,五つの基礎群を多重変換する群変換装置,以下同様に,超群変換装置,主群変換装置,超主群変換装置,巨群変換装置がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

多重変換装置の関連キーワード周波数分割多重通信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android