コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多重変換装置 たじゅうへんかんそうち

世界大百科事典 第2版の解説

たじゅうへんかんそうち【多重変換装置】

周波数分割多重通信において,多重度が大きい場合には群変調が用いられ,さらにいくつかの群をまとめて群変調を繰り返すことが行われる。この多重化の階層構成をFDMハイアラーキという。多重変換装置は,このハイアラーキに従って群変調を行う装置である。これらには12チャンネルの音声を基礎群に多重変換する通話路変換装置,五つの基礎群を多重変換する群変換装置,以下同様に,超群変換装置,主群変換装置,超主群変換装置,巨群変換装置がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多重変換装置の関連キーワード周波数分割多重通信

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android