多重変換装置(読み)たじゅうへんかんそうち

世界大百科事典 第2版の解説

たじゅうへんかんそうち【多重変換装置】

周波数分割多重通信において,多重度が大きい場合には群変調が用いられ,さらにいくつかの群をまとめて群変調を繰り返すことが行われる。この多重化の階層構成をFDMハイアラーキという。多重変換装置は,このハイアラーキに従って群変調を行う装置である。これらには12チャンネルの音声を基礎群に多重変換する通話路変換装置,五つの基礎群を多重変換する群変換装置,以下同様に,超群変換装置,主群変換装置,超主群変換装置,巨群変換装置がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android