コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多門照射 たもんしょうしゃmultiportal irradiation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多門照射
たもんしょうしゃ
multiportal irradiation

放射線治療において,1ヵ所の深部病巣に2方向以上から線束を集中させて照射する方法をいう。これによって,皮膚表面の被曝線量と皮膚障害を減少させることができる。4方向からの照射を十字火照射といい,食道癌などで用いられる。対向2門照射は照射野を向い合せるもので,超高圧γ線およびX線治療では最も多く用いられる。直交2門照射は,上顎癌など偏心性に存在する腫瘍に用いられ,均等な線量分布を得るために,鉛製の楔状フィルタが使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

多門照射の関連キーワード放射線治療学放射線療法原体照射深部治療